虫と花の記録

身近な自然、昆虫や生き物の写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミの卵

セミ顔

夏の間、あれほどやかましかったセミの声も、すっかり聞こえなくなりました。
クマゼミが消え、アブラゼミが消え、最後にツクツクボウシも消えて、秋です。

セミ卵跡

セミのいた木をよく見てみると、こんなふうに小さな穴がいっぱいあいた枝が見つかります。
鋭い針でひっかいたようなこの痕、セミが産卵したしるしです。
太い幹ではなく、ポキッと簡単に折れるような枯れ枝を選んで産卵します。
なので、台風の後に落ちてる枝を見てみると、こんな穴がついてることが多いです。

セミ卵

中を見てみると、こんなふうに小さな白い卵が入っています。
これがセミの卵。1〜2ミリほどの、細長い卵です。
翌年の梅雨頃に幼虫が孵化し、木を降りて土の中にもぐっていきます。
それから、長い地中生活の後に、6年から7年後に地上に出てセミになると言う訳です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:http://risu312.blog.fc2.com/tb.php/175-fec02a9a

プロフィール

mojitaro

Author:mojitaro
休日に身近な環境で虫や花を撮影しています。
珍しいものは撮れないですが、散歩に役立つ図鑑のようになっていけばいいなと思っています。

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。