虫と花の記録

身近な自然、昆虫や生き物の写真のブログ

マルゴミグモ

マルゴミグモ
クモ綱 クモ目 コガネグモ科

細かな網の中央に、小ぶりな丸いクモがいました。
網の縦方向に一列に、食べカスなどのゴミを並べています。
巣にゴミを並べるのはゴミグモの仲間。その中のマルゴミグモと思われます。
それにしてもお腹が大きく見えるのは、産卵前かもしれません。
ゴミを並べるのは、その中にクモが紛れる擬態とのこと。
卵もこのゴミに紛れさせて産みます。

スポンサーサイト

キタキチョウの蛹と羽化

キチョウ蛹
チョウ目 シロチョウ科 モンキチョウ亜科

9月半ばにが産み付けられ、9月末に幼虫になっていた、
ネムノキのキタキチョウ。
10月に入って、蛹になっていました。
葉を食べきった茎、葉の裏、葉の根元など、さまざまなところに、
スマートな形の蛹がいくつか。

キチョウ蛹2

毎日見ていると、だんだん色が変わってきます。
幼虫の色の黄緑から、キチョウの羽の模様である黄色や黒に。
よく見ると目や触覚のような形も見えます。

キチョウ羽化

毎日見守っていたんですが、羽化の瞬間は見逃しました。
羽化を終えて、すっかり羽も伸びて、しかしまだ飛び立つ前の成虫です。
これは夜の8時頃。明日の朝までここで休んでいるのでしょう。

ヒゲナガカワトビケラ

ヒゲナガカワトビケラ
トビケラ目 ヒゲナガカワトビケラ科

花の陰でじっと動かない、地味な虫。
トビケラの仲間の、ヒゲナガカワトビケラです。
トビケラというのは山間の川沿いに住む昆虫で、
幼虫の間は水中で生活しています。
この仲間の幼虫が、いわゆるザザムシ。ところによれば珍味だそうです。

ソバの花にサカハチチョウ

ソバの花にサカハチチョウ1
チョウ目 タテハチョウ科

夏から秋にかけて、白い花を咲かせるソバの花。
やってきたのは、羽に大きな白いラインが目立つサカハチチョウです。

ソバの花にサカハチチョウ2

羽の裏にもはっきりした白いラインが入ります。
逆さの八文字でサカハチチョウ。

プロフィール

mojitaro

Author:mojitaro
休日に身近な環境で虫や花を撮影しています。
珍しいものは撮れないですが、散歩に役立つ図鑑のようになっていけばいいなと思っています。

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR