虫と花の記録

身近な自然、昆虫や生き物の写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな春…

チューリップ芽

花壇のチューリップが芽を出しました。

オオイヌノフグリ2月

日向ではオオイヌノフグリが咲き始めました。

ビワの冬芽

ビワの冬芽が長く伸びてきました。
スポンサーサイト

ナミホシヒラタアブとタンポポ

タンポポとアブ
ハエ目 ハナアブ科 ヒラタアブ亜科

2月終わり、まだ冬。それでも、日向にはタンポポが。
タンポポの花の中に、小さなアブがいました。
春はそう遠くないと思わされます。

クヌギカメムシの卵

クヌギカメムシ枝
カメムシ目 カメムシ亜目 クヌギカメムシ科

クヌギの木にしっかり張り付いて、冬越しをするクヌギカメムシ
活動時期には目にしなかったのに、なぜか冬にはこの虫ばっかり見つけます。

クヌギカメムシ卵

近くの木の幹を見ると、クヌギカメムシの卵が見つかります。
緑色のぬめっとした卵が、いくつも線状に産みつけられています。
よく見るとあっちにもこっちにも。全部孵るとえらいことになりそうですが、
たぶん成虫まで育つのはこのうちのわずかなんでしょう。

梅の開花

ウメの花

昨日はつぼみだけだったウメの花が、今日は早くも咲き始めました。

ウメの花2

まだまだ寒いですが、確実に春が近づいているのを感じます。

ロウバイ

こちらはロウバイ。臘梅という名前で梅の仲間のようですが、実は全然違う種類の木だそうです。

冬芽いろいろ

モクレン冬芽

モクレンの冬芽。大きな部分は花芽で、重なるようについている小さい部分が葉になるところです。

梅冬芽

ウメの冬芽。開花まで、あともう少しでしょうか…。

杏冬芽

アンズの冬芽。こちらはウメよりもう少し先。

アオイラガの繭

アオイラガ繭

街路樹や公園などの木の幹に、こんな形のまるいものがくっついているのを見かけます。
これはアオイラガというガの繭。
幼虫はいわゆる桜毛虫。桜の花が散る頃に、桜の木に大量発生するあの毛虫です。
この繭、本当にあっちにもこっちにも、実にたくさん見かけます。
おそらく、都会でもっとも大量に見かける越冬昆虫なんじゃないかと思います。

アオイラガ蛹

繭は固い殻状。引っ掻いて中を見てみると、黄色っぽい蛹が入っています。

アオイラガ繭抜け殻

やがて成虫になって繭から出て行くと、後にはフタのあいた抜け殻が残ります。
こういう穴のあいた殻がびっしりついている木を、見た事があるんじゃないでしょうか。
抜け出た成虫は、こんなガになります。嫌われ者の毛虫に似合わない、きれいな緑色のガです。

水仙その他

スイセン

スイセンの花です。
早咲きの品種は、冬のいちばん寒い時期に咲き出します。

ヘクソカズラ

ヘクソカズラの実。
どこにでもある雑草ですが、臭い匂いがするのでこの名前。気の毒。

アジサイ冬芽

アジサイの冬芽です。
春になると、ここから若葉が芽吹きます。

プロフィール

mojitaro

Author:mojitaro
休日に身近な環境で虫や花を撮影しています。
珍しいものは撮れないですが、散歩に役立つ図鑑のようになっていけばいいなと思っています。

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。