虫と花の記録

身近な自然、昆虫や生き物の写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カマキリの卵いろいろ

卵オオカマキリ

冬の野原で見つかるカマキリの卵。正確には卵鞘(らんしょう)といって、
泡状の分泌物の中に数百個の卵が隠されています。
種類によって形が違って、これはオオカマキリの卵鞘。
大きくてまるみのある形。スポンジのような質感です。
ニシキギのごつごつした枝に、からみつくように産みつけられていました。

卵ハラビロカマキリ

こちらはハラビロカマキリの卵鞘。
オオカマキリより小さく、形がしっかりとして固い質感です。
木の幹の表面に産むことが多いようです。

卵カマキリ

これはチョウセンカマキリか、コカマキリかのどちらかだと思います。
チョウセンカマキリは成虫はオオカマキリととてもよく似ているのですが、
卵鞘の形はずいぶんと違っています。
真ん中が盛り上がって細長い形状。
チョウセンカマキリは枝に産むことが多く、コカマキリは壁などに産むことが多いようですが、
これは葉の裏ですね。はっきり識別するのは難しい。

いろいろありますが、どれも春になると、
小さな赤ちゃんカマキリたちがぞろぞろと出てきます。
スポンサーサイト

クヌギカメムシ 冬越し

クヌギカメムシ
カメムシ目 カメムシ亜目 クヌギカメムシ科

クヌギの木に巻かれた「こも」に小さなカメムシがいました。
長い触覚、スマートな緑の体に褐色の足。クヌギカメムシです。
雑木林にいるカメムシで、ドングリの木の汁を吸います。
カメムシの多くは、成虫の姿で冬を越します。
寒さを逃れて家の中に入って来たりもするので、嫌がられることも多いようです。

クヌギカメムシ2

昆虫のこの習性を利用した害虫駆除の方法が「こも巻き」で、
松の木などに藁を巻き付け、そこにたまった虫を焼き捨てるという方法です。
害虫だけでなく、益虫も一切合切駆除してしまうので最近はすたり気味のようす。
このカメムシがいたのは越冬昆虫の調査の目的で行われているところなので、
駆除されてしまう心配はなさそうです。

山茶花、枇杷、八つ手

サザンカ

気がつけばすっかり冬。虫と花の寂しい季節になりました…。
冬の花といえば、サザンカ。よく似たツバキとの違いは散り方です。
サザンカは普通に散りますが、ツバキは花ごとぼとりと落ちます。
「椿三十郎」でおなじみですね。

ビワ花

ビワの花は冬に咲きます。白い小さな地味な花です。

ヤツデ2

ヤツデの花。白い玉が集まったような作りで、意外ときれいです。

ヤツデ

正に手のような葉ですが、実は八つに裂けることはなく、七つ又は九つだそうです。

冬のコバネイナゴ

冬のイナゴ
バッタ目 バッタ科 イナゴ亜科

12月ともなると、外を歩いていても昆虫を見ることが少なくなります。
昆虫は変温動物なので、気温が下がると自動的に活動を停止します。冬眠ですね。
あるものは成虫のまま、あるものは卵や幼虫やさなぎの姿で、冬を耐え忍びます。
12月の寒空の下、おそらくぎりぎり最後の姿と思われるイナゴの成虫。
イナゴは卵で越冬しますから、残念ながらこの成虫は冬を越すことはできません。
寒い中でも、なんとか気温が高い場所を求めて日向ぼっこをしています。

マエキヒメシャク

ガ
チョウ目 シャクガ科 ヒメシャク亜科

葉っぱの表面に、ぺたっととまっている非常に薄っぺらいガ。
マエキヒメシャクという名前のガです。
その薄さで葉っぱに同化しますが、色のせいであんまり擬態にはなってません。
翅を開いてとまった時に、前翅と後翅の線がきれいにつながって見えるのも、
考えてみれば不思議な気がします。何のためなんでしょう?
賢いんだか馬鹿なんだかよく分からないですが、まあとにかく地味な昆虫です。
シャクガという名前の通り、幼虫はシャクトリムシ。ヤナギや桜の木につきます。

紅葉と銀杏

もみじ

真っ赤に紅葉したモミジです。
何だか深山の趣ですが、近所の公園。実はきれいなのはこの一画だけなんですが。
なかなか見栄えのする景色です。
正確な種名としては、イロハモミジとなります。

いちょう

黄色いイチョウの向こうに昼の月。
黄色の場合は黄葉と書くようです。

ドングリいろいろ・マテバシイ

マテバシイ

マテバシイのドングリ。殻斗はコナラと同じくウロコ状です。
ドングリの表面が白っぽくなっていて、これはロウ状の物質で薄く覆われているためです。
本来は南方の種類だったようですが、公園に多く植えられているようです。
葉っぱは鋸歯がまったくないタイプ。常緑樹です。
ドングリの落ち方が独特で、ドングリがいくつかくっついた枝ごと落ちてきます。
渋みが少なく、食べられるそう。

プロフィール

mojitaro

Author:mojitaro
休日に身近な環境で虫や花を撮影しています。
珍しいものは撮れないですが、散歩に役立つ図鑑のようになっていけばいいなと思っています。

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。