虫と花の記録

身近な自然、昆虫や生き物の写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨツスジトラカミキリ

ヨツスジトラカミキリ
甲虫目 カブトムシ亜目 カミキリムシ科 カミキリ亜科

きれいな黄色と黒の虎縞模様のカミキリムシ。ヨツスジトラカミキリです。
アシナガバチに擬態していると言われます。確かに、遠目で見るとよく似ています。
大きさやシルエットが近いので、実際に自然の中で見ると、写真より似ている感じがします。
黄色と黒の虫がブーンと飛んでると反射的にハチ!と逃げ腰になるのは人間もいっしょですから、
天敵となる生き物たちも同じように反応して避けてくれるのかもしれないですね。
幼虫はクヌギなど様々な広葉樹を、成虫は花の蜜などを食べます。
スポンサーサイト

セミの抜け殻の見分け方

抜け殻クマゼミ
クマゼミの抜け殻。ずんぐりと大きくて、薄茶色です。

抜け殻アブラゼミ
アブラゼミの抜け殻。クマゼミより小さく、やや赤茶色です。

クマゼミとアブラゼミを抜け殻で区別するポイントは、でべその有無。
クマゼミの抜け殻には、腹の中央にとがったでっぱりがあります。
見分けにくいのはアブラゼミとミンミンゼミ。触覚の毛の多さとか、かなり微妙な違いになるようです。
幸い?というか、大阪市内ではミンミンゼミはほぼ皆無に近い。でべそがなければ、まずアブラゼミです。

抜け殻ツクツクボウシ
ツクツクボウシの抜け殻。細長くて、色が薄い。お尻のしまはよく目立ちます。

抜け殻ニイニイゼミ
ニイニイゼミの抜け殻。まるっこくて、なぜか常に泥だらけです。

ナガサキアゲハ オス

ナガサキアゲハ
チョウ目 アゲハチョウ科 アゲハチョウ亜科

とても大きくて黒い、迫力のあるチョウ、ナガサキアゲハです。
南方系のチョウですが、近頃は例によって温暖化で北進しているようす。
アゲハチョウは尾状突起が特徴ですが、この仲間は尾状突起がなくアゲハらしからぬ形をしています。
また、オスとメスで外見が大きく異なっていて、この点もアゲハチョウでは珍しい。
写真のオスは真っ黒ですが、メスは白と赤のきれいな模様があります。
多くのチョウはオスの方がメスより派手なので、その点でもイレギュラーな感じです。
この写真には派手な毛虫も写ってますね。おかげで、アゲハの大きさがよく分かります。

アブラゼミ

アブラゼミ1
カメムシ目 ヨコバイ亜目 セミ科 セミ亜科

アブラゼミ。ジリジリジリ…と油で揚げるみたいな声で鳴くのでこの名前です。
おなじみのセミですが、大阪ではクマゼミにつぐ地位です。圧倒的に、クマゼミの方が多い。
茶色の翅は実はセミの中では珍しく、世界のセミの中でも個性的と言えるセミなのです。

アブラゼミ横

ストロー状の口を木の幹に突き刺して、樹液を吸っています。
考えてみれば、人が道具を使ってもなかなか歯が立たない固い木に易々と口を差し込んでいる訳で、
セミの口ひとつとっても、すごいメカニズムだな〜と思わされます。

カナブン

カナブン
甲虫目 カブトムシ亜目 コガネムシ科 ハナムグリ亜科

昆虫界における雑魚の代名詞…のようなカナブンです。
雑魚ながら、緑から銅色まで色彩変異が大きかったり、
前翅を閉じたまま飛ぶワザを持っていたり、実は面白いところも多いです。
カブトムシと同様、樹液に集まってきます。

カナブン幼虫

カナブンの幼虫。
カブトムシだと思って飼ってるとカナブンだったりすると、がっかりすることになります。

キリギリス

キリギリス
バッタ目 キリギリス科 キリギリス亜科

薮の中から、ギーッ…チョン! ギーッ…チョン!という声が聞こえます。キリギリスです。
鳴く虫といえば秋の風物ですが、キリギリスは夏のはじめから鳴き始めます。
それにしても、声はすれども姿は見えない。とても気配に敏感で、すぐ隠れてしまいます。
ショウリョウバッタやトノサマバッタは近寄ると飛んで逃げるので見つかりますが、
キリギリスは近寄ると薮の奥に引っ込んでしまいます。声は大きいのにシャイな昆虫です。
春から多くの幼虫を見てるのでたくさんいるはずなんですが、見つけ出すのは一苦労です。

キリギリス小

雑食性。前足には鋭い刺がついていて、他の虫を捕まえて食べます。

クマゼミ

クマゼミ
カメムシ目 ヨコバイ亜目 セミ科 セミ亜科

大阪でセミと言えば、いちばん多く見かけるのはまずクマゼミです。
大阪ではクマゼミ6、アブラゼミ4、その他のセミ0.1、くらいの割合です。
東京へ行って驚いたのは市街地でミンミンゼミを見ることですね。大阪ではまず見ません。
クマゼミは日本最大のセミ。シャアシャアシャアッ!とでかい声で鳴きます。
風情とか情緒はへったくれもなくて、ただただやかましいセミですね。
クマゼミの名の由来は大きいことだと思うんですが、写真で見てみると、
全身が結構毛深い。この辺もクマっぽいと言えなくもないです。
この毛は羽化から間もなくのみ生えていて、だんだんなくなるようです。

クマゼミ顔

クマゼミの顔。
鋭い口を木に突き刺して樹液を吸います。

アオドウガネ

アオドウガネ
甲虫目 カブトムシ亜目 コガネムシ科 スジコガネ亜科

いわゆるコガネムシの仲間にも、いろんな種類があります。
呼び名も様々。カナブン、ブンブン、ブイブイ…
ブンブンと飛ぶ様子を例えた名前になっているのは共通のようです。
これはアオドウガネ。ドウガネブイブイという近い仲間がいます。
ドウガネブイブイは赤銅色ですが、こちらはきれいな緑色。
体長は2センチくらい。いろいろな植物の葉を食べます。

シロオビアワフキ

シロオビアワフキ
カメムシ目 ヨコバイ亜目 アワフキムシ科

草の茎にしがみついている、小さなセミのような虫。アワフキムシという昆虫です。
名前の由来は幼虫にあります。
アワフキムシの幼虫はお尻から粘液と空気を出して、泡を作ってその中に隠れます。
春から初夏にかけて、植物になぜか白い泡がくっついているのを見ることがありますが、
その中にはこの幼虫が隠れているという訳です。
成虫は泡は作らず、とりたてて特徴のない地味な虫になっちゃいます。
これはシロオビアワフキ。その名の通り羽の白い帯が特徴です。

ケラ

ケラ
バッタ目 ケラ科

地中に住むバッタの仲間、昆虫の中でも相当に個性的な、ケラ。
ミミズだっておけらだって…と有名ですが、実物を見ることは結構少ない。
地中にトンネルを掘ってミミズなど食べます。穴を掘る前足の形も生態もモグラそっくり。
成虫は羽が伸びて飛ぶこともできます。この写真のは、羽が短いのでまだ幼虫ですね。
土が体に付着しないよう短い毛がたくさん生えているので、水をよく弾き、泳ぐこともできます。
こいつも、見つけたのは用水路を泳いでるところでした。

シロテンハナムグリ

シロテンハナムグリ
甲虫目 カブトムシ亜目 コガネムシ科 ハナムグリ亜科

黒っぽい光沢のある背中に、不規則な白い斑点。シロテンハナムグリです。
ハナムグリですが花ではあまり見かけず、樹液や果実にやってきます。
ブーンと音を立てて力強く飛び回ります。
前羽を閉じたまま後ろ羽だけを広げて飛ぶことができます。
これは、カナブンやハナムグリの仲間に共通する特徴。

シロテンハナムグリと桃

熟した桃の実に、たくさんのシロテンハナムグリが群がっていました。
昨日のゴマダラチョウも、桃の匂いに誘われて来たものと思われます。

ゴマダラチョウ

ゴマダラ裏
チョウ目 タテハチョウ科 タテハチョウ亜科

黒と白の大きなチョウ、ゴマダラチョウです。
雑木林によく見られるチョウで、花に来ることは少なく、樹液や果実に来ることが多いです。
近所では普段はあまり見ないのですが、時々ふっと見かけるチョウです。
木が切られて樹液が出てるとか、果実が熟してはじけてるとか、そんなときにやって来るみたい。

ゴマダラ表

ゴマダラは胡麻斑。黒と白のゴマシオ模様です。ゴマダラカミキリも胡麻斑ですね。
目はオレンジ色。足が4本しかないように見えるのはタテハチョウの仲間の特徴です。

7月16日

サルスベリピンク

サルスベリの花。漢字で書くと百日紅。きれいなピンクの花です。

サルスベリ白

こちらもサルスベリ。白い花もあります。

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ。つるを伸ばして大きな花をつけます。夏らしい華やかな花です。

抜け殻2クマゼミ

あっちこっちにセミの抜け殻。正に夏真っ盛りですね。

クマゼミの幼虫

クマゼミ幼虫
カメムシ目 ヨコバイ亜目 セミ科 セミ亜科

今年はセミが遅い?少ない?と気になっていたのですが、
昨夜から今朝にかけて一気に羽化が進んだようです。
今朝は、あちこちでセミの合唱が聞こえてきました。
大阪でセミと言えば、まずクマゼミということになります。
幼虫はなかなか見分けにくいですが、お尻の縞模様が3色に見えること、
お腹にでっぱりがあることがクマゼミの特徴です。
こいつは泥だらけで分かりにくい…泥だらけなのは雨の後で出てきたから。

クマゼミ羽化

この抜け殻は3色が分かりやすいですね。
林でなくても、街路樹でも、ちょっとした植え込みでも、あちこちで羽化が進んでいます。

クロガケジグモ

クロガケジグモ
クモ綱 クモ目 ウシオグモ科

これがどこかと言うと、マンションのエントランスにある柱状のライトの部分。
ライトの部分の奥まった隙間に、真っ黒なクモが陣取っておりました。
小さなクモですがよく見ると、全身が毛に覆われて迫力があります。タランチュラみたい。
調べると、どうやらクロガケジグモ。オーストラリアからの移入種だそうです。
見ての通り、ぼろ網と言われるぼろぼろの網をはるのが特徴です。
クモで外来種と言えばセアカゴケグモが有名ですが、こちらには毒はないようです。
よく見ると巣の奥にもう1匹、小さいクモがいる。これはオスでしょうか。するとこれはカップル?

ツバメシジミ

ツバメシジミはね裏
チョウ目 シジミチョウ科 ヒメシジミ亜科

小さなシジミチョウですが、後翅に尾状突起があります。
しっぽが長いシジミチョウなので、ツバメシジミ。分かりやすい。
小さくてなかなか見えづらいですが、白くてきれいなチョウだと思います。
羽の表は、オスは光沢のある青紫色、メスは地味な黒
幼虫はシロツメクサやカラスノエンドウなど、ありふれたマメ科の雑草を食べます。

オオシオカラトンボ メス

オオシオカラトンボメス
トンボ目 トンボ亜目 トンボ科 トンボ亜科

シオカラトンボのメス(ムギワラトンボ)に似てるけど、どこか違う。
ムギワラトンボは茶色に近い色(麦わら色)なんだけど、こちらは鮮やかな黄色。
遠くからでも目立つような、目に飛び込む明るいイエローの体色です。
これはオオシオカラトンボのメス。肩に黄色のワンポイントがあるのも特徴です。

オオシオカラメス小

シオカラトンボより一回り大柄で、飛び方も重々しい感じです。

トノサマバッタ

トノサマバッタ前
バッタ目 バッタ科 トノサマバッタ亜科

草むらではバッタが大繁殖中。
ショウリョウバッタやオンブバッタ、イナゴなどはまだ羽の短い幼虫ですが、
トノサマバッタは成虫になったものが見られます。他より少しタイミングが早いんですね。
この時期の成虫は夏のうちに卵を産んで、秋までに二代目が産まれてきます。

トノサマバッタ全体

警戒心の強いトノサマバッタ。ジャンプだけでなく、飛ぶのも結構得意です。
近寄ると、大きくジャンプしてそのまま羽を広げ、バタバタと音を立てて飛んで逃げます。

7月9日

ヒマワリ

関西では、梅雨が明けました。
雨降りが終わると一気に猛暑がやってきます。ヒマワリも咲き始めました。

ムクゲ

ムクゲの花。どことなくトロピカルなムードで、夏らしい花です。

クチナシ

クチナシの花。八重咲きのものと、一重咲きのものとがあります。

ナスの花

これはナスの花。実だけでなく、茎も花も紫色。畑では様々な夏野菜が実って彩り豊かです。

今朝は今年初のセミの声も聞こえました。いよいよ本格的に夏ですね。

オオカマキリの幼虫

オオカマキリ幼虫
カマキリ目 カマキリ科

春に卵からかえったカマキリは、この時期小さな幼虫の姿です。
羽はまだありませんが、バッタみたいにぴょーんと跳ねて逃げ出します。
幼虫の間は識別が難しいですが、オオカマキリの幼虫と思われます。
ハラビロカマキリの幼虫の場合、お腹を背中に跳ね上げているので区別できます。

オオカマキリ幼虫識別

よく似たチョウセンカマキリとの識別は、矢印の部分の色。
オオカマキリは黄色。チョウセンカマキリは朱色になります。

セグロアシナガバチの巣

アシナガ巣
ハチ目 細腰亜目 スズメバチ科 アシナガバチ亜科

これは何年か前の写真なんですが、今頃の時期に、アシナガバチが巣を作りました。
それが住んでるマンションの、結構人通りのある壁だったので、目立つ目立つ。
よく見ると部屋に幼虫もいたりして、こいつらも必死に子育てしてるんだ…と思うと退治するのも忍びない…。
とはいえマンションなので、誰かが手を打ったのでしょう。数日後には巣はなくなっていました。

アシナガアップ

手を出さなければ攻撃されることはない…と言っても、この面構えですからね。やっぱり怖いです。

ショウジョウトンボ

ショウジョウトンボ
トンボ目 トンボ亜目 トンボ科 アカトンボ亜科

「赤とんぼ」って俗称かと思ってましたが、ちゃんと亜科になってるんですね。知らなかった。
赤とんぼと言えば秋の代名詞な感がありますが、このショウジョウトンボは春から見かけることがあります。
赤とんぼの中でも特に赤い。正にとんがらし。ハスの緑と、鮮烈なコントラストです。
名前の「ショウジョウ」は中国の伝説の動物「猩猩」で、こいつは赤い顔をしているそうです。

モンキチョウとキチョウ

手にモンキチョウ
チョウ目 シロチョウ科 モンキチョウ亜科

ほとんど手ばっかり写ってる写真で何なのですが、モンキチョウです。
指で隠れそうになってますが、白い紋が見えるでしょうか? これがモンキチョウの印。

手にキチョウ
チョウ目 シロチョウ科 モンキチョウ亜科

これまた指ばっかり目立ちますが、こちらはキチョウです。
白い紋がなく、黄色の表面に黒い微妙な点々があります。

どちらも亜科までいっしょでよく似たチョウですが、モンキチョウの紋は割と目立つので、
見分けやすいと思います。

この手の小さなチョウは、花にとまってるとき意外と無防備です。
蜜に夢中になりすぎるんでしょうか。小さな子でもひょいと掴めたりする。
というわけで、大胆に掴んで撮った2点です。

アシナガキンバエ

アシナガキンバエ
ハエ目 短角亜目 アシナガバエ科 アシナガバエ亜科

ハエと言えばいかにも不快害虫…だと思うのですが、中にはやけにきれいな奴がいます。
アシナガキンバエは体長5ミリくらいの小さなハエですが、見事な金属光沢!
ほんとに金属でできてるんじゃないかと思うくらい、ツルツルピカピカの緑色です。
普通ならまず見過ごしちゃうような虫ですが、これも自然の作り出す芸術品だと思います。

プロフィール

mojitaro

Author:mojitaro
休日に身近な環境で虫や花を撮影しています。
珍しいものは撮れないですが、散歩に役立つ図鑑のようになっていけばいいなと思っています。

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。