虫と花の記録

身近な自然、昆虫や生き物の写真のブログ

カメラ目線のハラビロカマキリ

カメラ目線のハラビロカマキリ
カマキリ目 カマキリ科

カメラを向けると「きっ!」と睨み返す気の強いカマキリ。
ハラビロカマキリの、まだ羽を持たない幼虫です。

カメラ目線のハラビロカマキリ2

カマキリの「黒目」はどこから見てもこっちを向いてるように見えるので、
後ろ姿でも睨み返されてしまいます。
スポンサーサイト

7月のハラビロカマキリ幼虫

ハラビロ幼虫1
カマキリ目 カマキリ科

そろそろカマキリの季節、秋ですが、
写真は7月のもの。ハラビロカマキリの幼虫です。
お尻をぐいっと上げる独特のポーズで威嚇しています。

ハラビロ幼虫2

小さくても顔はしっかりカマキリのいかつい顔です。

オオカマキリの顔

オオカマキリの顔
カマキリ目 カマキリ科

三角形のオオカマキリの顔。いかにも肉食の、ハンターらしい面構えです。
カマキリの目を見ると黒い小さな点があって、いかにも「目が合っている」ように見えます。
人間の黒目のようですが、カマキリの黒目は人間とはちょっと違っています。
昆虫は複眼なので大きな目の全体でものを見ています。
人が見て黒目に見えるのは、複眼の中の奥まで見通せる部分のみが、
そのように見えているのだということです。

オオカマキリの横顔

なので、どこから見ても必ず「目が合ってしまう」という訳です。

6月のハラビロカマキリ幼虫

カマキリの幼虫01
カマキリ目 カマキリ科

緑の葉の上に、緑の小さなカマキリ幼虫。
腹の幅が広く、腹を反り上げているのでハラビロカマキリと思います。
お尻を見せていても、黒い目玉はしっかりこっちを見ています。威嚇中。
まだ数ミリの小ささですがカマキリですから、狩りをしなくてはなりません。
獲物はアブラムシや小型のアブ、ハエやカなどと思われます。
翅のある成虫にまで育つのはまだまだ先。秋です。

クズの葉のオオカマキリ

オオカマキリ
カマキリ目 カマキリ科

クズの葉の生い茂る空き地のフェンスが、様々な虫の集まる場所になっています。
多くの虫がいれば、それを狙うカマキリもいます。緑色で見事なカモフラージュ。
カマキリは典型的な待ち型のハンター。獲物が来るまで、動かずにじいっとしています。
チョウなどが近くに来ると、満を持してそろそろと近づき、飛びかかって捕まえます。
とは言え、逃げられることも多いようです。そんなときはまた辛抱強く、待ちに戻ります。

プロフィール

mojitaro

Author:mojitaro
休日に身近な環境で虫や花を撮影しています。
珍しいものは撮れないですが、散歩に役立つ図鑑のようになっていけばいいなと思っています。

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR