虫と花の記録

身近な自然、昆虫や生き物の写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カシワクチブトゾウムシ

カシワクチブトゾウムシ
甲虫目 カブトムシ亜目 ゾウムシ科 クチブトゾウムシ亜科

体長5ミリ程度の小さなゾウムシ。
カシワやクヌギなどの葉を食べる、カシワクチブトゾウムシです。
鼻があまり長くないので、ゾウムシらしくない形をしています。
木の葉の上に乗っていてもあまり目立たない。危険を感じるとすっと落ちていなくなります。
スポンサーサイト

シロコブゾウムシ

シロコブゾウムシ1
甲虫目 カブトムシ亜目 ゾウムシ科 クチブトゾウムシ亜科

クズ、ハギなどマメ科の植物の葉を食べるゾウムシ、シロコブゾウムシ。
全身がごつごつしたこぶに覆われ、白から茶色の体色をしています。
ヒメシロコブゾウムシと似ていますが、より大柄でこぶが多く、背中の黒い部分がありません。

シロコブゾウムシ2

口が大きくて迫力があります。この口で葉っぱを齧ります。

シロコブゾウムシ3

危険を感じると落っこちて死んだふりをします。
腹側を見ると、何だかメカニックで良い感じです。

ヒメシロコブゾウムシ

ヒメシロコブゾウムシ
甲虫目 カブトムシ亜目 ゾウムシ科 クチブトゾウムシ亜科

雑木林の丸太の上にいた、小さな白い甲虫。
鼻の長いゾウムシの仲間の、ヒメシロコブゾウムシです。
白い体に見えますが、実は黒い体で、白い鱗片に覆われています。
背中や胸の黒い部分は鱗片が脱落した部分です。
この黒い部分の有無で、よく似たシロコブゾウムシと見分けられます。
タラ、ウド、ヤツデなどの葉を食べます。

ヒメシロコブゾウムシ2

体長は1センチ半くらい。
ゴツゴツとして、どこか戦車や装甲車のように見えます。格好いい甲虫です。

ヒメクロオトシブミ

ヒメクロオトシブミ
甲虫目 カブトムシ亜目 オトシブミ科 オトシブミ亜科

昔、子供向きの昆虫読み物にはよくオトシブミがのっていて、
葉っぱをくるくる巻いて揺り籠を作るという記事に、想像力を刺激されたものでした。
実際のオトシブミは大抵とても小さな昆虫で、こんな体で大きな葉を巻いて、
揺り籠を作るなんて信じられないくらいです。
ヒメクロオトシブミは体長5ミリ以下の小さな昆虫で、黄色い脚が特長です。
コナラ、クヌギ、バラなどの葉を巻いて卵を産みつけた揺り籠を作ります。

ヒメコブオトシブミの揺り籠

ヒメコブオトシブミの揺籠

葉っぱがくるくると巻かれてぶら下がった物体。
オトシブミの揺り籠と思われます。
オトシブミは葉を噛み切っては器用に巻いて行き、その中に卵を産みます。
孵化した幼虫は周りの葉を食べて成長する訳です。正に揺り籠です。

ヒメコブオトシブミ

その揺り籠の近くにいたのがこれ。ヒメコブオトシブミです。
背中のこぶと、一部分だけが黒い黄色い脚が特徴です。
これが揺り籠の主とは限りませんが…すぐ近くにいたので。もしかしたら他人かも。

プロフィール

mojitaro

Author:mojitaro
休日に身近な環境で虫や花を撮影しています。
珍しいものは撮れないですが、散歩に役立つ図鑑のようになっていけばいいなと思っています。

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。