虫と花の記録

身近な自然、昆虫や生き物の写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャベツにキスジノミハムシ

キスジノミハムシ
甲虫目 カブトムシ亜目 ハムシ科 ノミハムシ亜科

畑のキャベツについていた、ほとんど埃のように見える小さな虫。
体長2ミリ程度。目を凝らさないとよく見えない。
これはキスジノミハムシ。よく見ると黄色い筋模様が見えます。
キャベツやダイコン、白菜など、アブラナ科の野菜について葉を食べます。
ノミハムシの名前の通り、ノミのようによく跳ねるそうです。
スポンサーサイト

コガタルリハムシ

コガタルリハムシ2015
甲虫目 カブトムシ亜目 ハムシ科 ハムシ亜科

体長5ミリ以下、小さなコガタルリハムシ。
黒く見えますが瑠璃色の光沢を持っていて、光を浴びてきらっと光ります。
道端のギシギシやスイバを食べるので、どこにでもいる虫です。
触るとぽろっと落ちてどこかに隠れてしまいます。

ウリハムシ

ウリハムシ
甲虫目 カブトムシ亜目 ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科

オレンジ色の体色が目立つ、体長7ミリほどのハムシ。
ウリ科植物の葉を食べるウリハムシです。
キュウリ、カボチャなどの作物にもついて葉を食い荒らします。
前脚だけオレンジで、中脚、後脚が黒いのも特徴です。

青と赤のドウガネツヤハムシ

ドウガネツヤハムシ
甲虫目 カブトムシ亜目 ハムシ科 ツヤハムシ亜科

小さくて丸い、強い光沢のあるドウガネツヤハムシ。
見ると、青銅色と赤銅色の2種類の色があります。
色の違いは個体差で、どちらも同じ種類のハムシであるようです。
タラノキの葉を食べます。

ヨモギハムシ

ヨモギハムシ1
甲虫目 カブトムシ亜目 ハムシ科 ハムシ亜科

道ばたという道ばたに、どこにでも生えているヨモギ。
そのヨモギにくっついている、小さな甲虫がヨモギハムシです。
暗い青の光沢で、きれいですがいかんせん小さいので目立たない。
じーっとして葉っぱを齧りながら、警戒すると手足を引っ込めて死んだふり。
普通はそのまま落っこちて視界から消えますが、この場合はそのまま葉の上でした。

ヨモギハムシ2

しばらくすると手足や触覚を戻して、おもむろに葉を齧り始めます。

プロフィール

mojitaro

Author:mojitaro
休日に身近な環境で虫や花を撮影しています。
珍しいものは撮れないですが、散歩に役立つ図鑑のようになっていけばいいなと思っています。

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。