虫と花の記録

身近な自然、昆虫や生き物の写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオセンチコガネ

オオセンチコガネ
甲虫目 カブトムシ亜目 センチコガネ科

山道の足元をちょろちょろと歩き回る小さな甲虫。
木陰の地面の薄暗い中ですが、よく見るときれいな赤い金属光沢があります。
オオセンチコガネと思われます。いわゆる糞虫の仲間。動物の糞や死骸を食べます。
光沢の色合いにはいろんなパターンがあるようですが、同じ地域の中では揃っているようで、
いくつも見つけましたが皆同じような緑〜赤の光沢を持っていました。
スポンサーサイト

セマダラコガネ

セマダラ
甲虫目 カブトムシ亜目 コガネムシ科 スジコガネ亜科

背中にマダラ模様があり、ひげ状の触覚が特徴的なセマダラコガネ。
町中でも見かける普通種ですが、体長1センチ程度と小さいので目立たない虫です。
いろんな植物の葉を食べるので害虫扱い。幼虫も土の中で植物の根を食べます。

ヒメジョオンを飛び回るコアオハナムグリ

コアオハナムグリ飛翔1
甲虫目 カブトムシ亜目 コガネムシ科 ハナムグリ亜科

春たけなわ。既に夏のような陽気になってきてますが…。
咲き誇るヒメジョオンの花畑を、ブンブンと飛び回るコアオハナムグリたちです。
花粉を食べるハナムグリにとって、ハルジオンやヒメジョオンの花は格好の餌場です。
次々と、ひっきりなしに多くのハナムグリが訪れていました。
写真のように、前翅を閉じたまま飛ぶのがハナムグリやカナブンの仲間の特徴です。

コアオハナムグリ飛翔2

アオスジアゲハもやってきました。
他にもモンシロチョウやらハチやらアブやら、多くの虫が集まってきていました。

カタモンコガネ

カタモンコガネ
甲虫目 カブトムシ亜目 コガネムシ科 スジコガネ亜科

地面の草むらの中をてこてこ歩いていた小さなコガネムシ。
見るとやけに毛深くて、全体が金色の毛に覆われているように見えます。
上翅には不明瞭な黒い模様。カタモンコガネという種類のようです。
毛深いのはオスの印で、メスはあんまり毛深くないそうです。

カブトムシ

カブトムシ00
甲虫目 カブトムシ亜目 コガネムシ科 カブトムシ亜科

クヌギの木のカブトムシ。
とても鋭い爪を持っていて、掴む力もかなり強い。
引っ張ってもなかなか木から離れません。
口には大きなブラシがあって、これで樹液をなめとります。

カブトムシ002

本来は夜行性です。夜には樹液を求めて雑木林を飛び回ります。
昼間にはめったに飛ばないので、じっくりと撮影することができます。

プロフィール

mojitaro

Author:mojitaro
休日に身近な環境で虫や花を撮影しています。
珍しいものは撮れないですが、散歩に役立つ図鑑のようになっていけばいいなと思っています。

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。