虫と花の記録

身近な自然、昆虫や生き物の写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムラサキシジミの紫

ムラサキシジミの紫1
チョウ目 シジミチョウ科 ミドリシジミ亜科

小さいけれど、鮮明な明るい紫色の翅を持つムラサキシジミ。
光沢があってきらきらと光る、とても目立つ紫です。

ムラサキシジミの紫2

翅の裏は非常に地味。たいてい翅を閉じてとまるので、なかなか紫を見せてくれません。
敵に見つかりたくはないけれど、メスには存在をアピールしたい…という、
相反する思いが現れたような外見です。
スポンサーサイト

ツバメシジミのオスとメス

ツバメシジミ
チョウ目 シジミチョウ科 ヒメシジミ亜科

フェンスにからまる草にとまる、光沢のある青い翅のシジミチョウ。
よく見ると後翅に尾状突起があります。ツバメシジミのオスです。

ツバメシジミメス

セイタカアワダチソウの黄色い花にとまるこちらは、黒い翅にオレンジの紋。
ツバメシジミのメスです。チョウの多くは、メスの方がオスより地味です。
翅を閉じるとこんな模様です。白っぽくてきれいな小さなチョウです。

ウラナミシジミ

ウラナミシジミ
チョウ目 シジミチョウ科 ヒメシジミ亜科

翅の裏面が茶色く、白い波模様があって、オレンジと黒の紋があるきれいなシジミチョウ。
後翅には尾状突起もあります。ウラナミシジミというチョウです。
本来は南方系のチョウのようで、夏から秋に分布を北に広げます。
寒さには弱く、冬までに死んでしまうようです。
幼虫の食草であるクズの周りを、しきりに飛び回っていました。

ウラナミシジミ2

翅の表面は光沢のある青ですが、翅を閉じてとまるのでなかなか見えません。
とは言え、明るい茶色に白い波の裏面もとてもきれいなチョウです。

ムラサキシジミ

ムラサキシジミ
チョウ目 シジミチョウ科 ミドリシジミ亜科

地味な茶色の翅のシジミチョウ、ムラサキシジミ。
これだけ見るとどこがムラサキなんだかさっぱり分かりませんが、
翅を開くと表側はきれいな光沢ある紫色をしています。
飛んでる時にはちらちらそのきれいな紫色が見えるのですが、
とまると翅を閉じることが多いので、地味なチョウにしか見えません。
保護色だろうから、とまる時には閉じるのが確かに合理的なんですけどね。
シイやカシの林の周辺でよく見られます。

マリーゴールドにベニシジミ

ベニシジミとマリーゴールド
チョウ目 シジミチョウ科 ベニシジミ亜科

夏から秋に咲くマリーゴールド。蜜を吸いにきたのは小さなベニシジミです。
夏には黒っぽい個体が多くなっていましたが、秋にはまた春型に似た色模様に戻ります。
花のオレンジとチョウのオレンジがちょうどお揃いで、よく似合っている取り合わせです。

プロフィール

mojitaro

Author:mojitaro
休日に身近な環境で虫や花を撮影しています。
珍しいものは撮れないですが、散歩に役立つ図鑑のようになっていけばいいなと思っています。

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。