虫と花の記録

身近な自然、昆虫や生き物の写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマトシジミの産卵

ヤマトシジミ産卵
チョウ目 シジミチョウ科 ヒメシジミ亜科

クローバーのようでいて少し違う、ハート型の三つ葉。
どこにでも生える雑草のカタバミは、実はヤマトシジミの食草です。
小さなカタバミの葉に、小さなヤマトシジミがやってきて、
人知れず卵を産んでいます。

ヤマトシジミ産卵2

極小サイズの卵。
カタバミもヤマトシジミも、都会でも、どこにでもはびこるありふれた草やチョウですが、
ほとんど人目につくことはないでしょう。
ものすごくありふれているのに誰も知らない、そういう存在だと思います。
スポンサーサイト

冬のラクダムシ幼虫

ラクダ虫幼虫
ラクダムシ目 ラクダムシ科

2月の公園。昆虫の姿は見られません。
松の木の少し浮いた樹皮をめくってみると、その裏側に奇妙な虫がくっついていました。
細長くて、そして平べったい。ほとんど厚みがなく、木の皮の僅かな隙間にぴったり入っています。
結構大きな顎を持っていて、その印象通り肉食。隙間に入ってきた虫などを捕まえて食べるようです。
これはラクダムシという、聞きなれない名前の昆虫の幼虫。
成長すると、翅を持ったカゲロウのような虫になります。

アゲハとアベリア

アゲハとアベリア
チョウ目 アゲハチョウ科 アゲハチョウ亜科

秋のアベリアに吸蜜に訪れたアゲハチョウ。
特に前翅を激しく震わせています。
花が少なくなっていく秋、強い匂いのするアベリアは、
多くのチョウが集まる花です。

アオモンイトトンボの交尾

アオモンイトトンボ交尾
トンボ目 イトトンボ科

涼しくなった川辺で、たくさんのイトトンボが飛び交っていました。
見ると、複雑な形につながったまま飛んでいるトンボも多く見かけます。
これはトンボの交尾体勢。上がオス、下がメスです。
オスはメスを逃がさないように、しっぽの先端でメスの頭を押さえつけています。
オスの胸と腹の間の部分に精子をためておく交接器があり、
メスはしっぽの先をオスの交接器にくっつけて交尾を行います。
イトトンボの体はよく曲がるので、よくハート型と言われる形になります。

キンイロアブ

キンイロアブ
ハエ目 アブ科

ヒマワリの花の周りを飛び回っていた、黄色い目が特徴的なアブ。
キンイロアブ? 調べていくと目の色の違うものもあり、別種かもしれません。

プロフィール

mojitaro

Author:mojitaro
休日に身近な環境で虫や花を撮影しています。
珍しいものは撮れないですが、散歩に役立つ図鑑のようになっていけばいいなと思っています。

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています!

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。